「日本の職人技はすごい!日本人にかなうのは日本人しかいないな」(海外の反応)

茶筌(ちゃせん)を作る日本の職人技を撮影した動画が話題になっていました。

15世紀、茶道とともに奈良で生まれた茶筌は、製造技術が確立し、秘伝として伝承されています。竹から茶筅を作る職人さんたちの技には見惚れてしまいますね。

動画を見た海外の視聴者からも「日本人にかなうのは日本人しかいない」「感動する」など多くの声が寄せられています。


おすすめ記事

海外の反応

名無しさん@海外の反応
細部までこだわって真剣に取り組む、そんな彼らの文化にびっくりだよ。

名無しさん@海外の反応
綿密さ、高い集中力、芸術作品、そして愛のこもった手仕事!

名無しさん@海外の反応
日本人にかなうのは日本人しかいないな。

名無しさん@海外の反応
素晴らしい職人技と、美しい動画!ありがとう。

投稿主
ありがとうございます!

名無しさん@海外の反応
すごい!ビデオと職人技!字幕もありがとう!

名無しさん@海外の反応
女性の手さばきがすごいね。速さ、繊細さ、精巧さ、そして集中力には目を見張るものがある。



名無しさん@海外の反応
なんてすばらしい文化、そしてなんて巧妙な茶筅作りなの。日本の人たちの素晴らしさを語ってるね。配信ありがとう。

名無しさん@海外の反応
うわぁーーー、なんてすごい木工、竹細工なんだ。。。
だれが木のパズルみたい箱を作ったのかな?日本のもの?

名無しさん@海外の反応
竹がこんなに活用の効く材料だったなんて、本当に驚きだよ。これで何かを支える土台や、道具や、武器や、しまいには飲み物だって作れるんじゃないかな。服だって竹で作れるって言うじゃない。この先、竹を使った宇宙船や光速の乗り物が誕生したって僕は驚かないよ。

名無しさん@海外の反応
すっげーーー 😍😍😍😍😍

名無しさん@海外の反応
日本の職人技はいつだって繊細だね。本当にすごい。

名無しさん@海外の反応
素晴らしい技とビデオ編集。アリガトウ!:-)

名無しさん@海外の反応
素晴らしいわ😍😍😍

名無しさん@海外の反応
凡人技じゃないね、パーフェクトな動画だよ。ありがとう。

名無しさん@海外の反応
手作りの茶筅のビデオを見たのは初めてだよ!!!いい刺激になった!!動画作ってくれてありがとう!!職人さんの仕事にも感謝!!

名無しさん@海外の反応
うへっ、すごいや!自分の茶筅で抹茶を点てるのが、ますます凄い事だって感じるよ。
ほんとに素敵な動画をありがとう🙇

名無しさん@海外の反応
この動画感動するよ。真剣な顔をした職人たちが、竹からの風を感じ取りながら、まるで子供に接するように作業してるの、観ててたまらない。すごいよ。

名無しさん@海外の反応
そもそもなんでお茶を泡立てるのかな。

名無しさん@海外の反応
高いんだろうな。

名無しさん@海外の反応
2:37 ナイフはどこのサイトで買えるの?

8 件のコメント

  • 秘伝ねえ… 中韓製の安い茶筅、けっこう出回ってるし日本製って偽って売ってるところもあるんですってよ
    悲しいね

  • 韓国の茶道を思い出した
    ゆっくりした動作で水筒のフタをポンッとあけて水だか湯だか注いだり、なんか色々ツッコミどころ満載の
    超劣化コピーお笑い茶道

  • 煎茶を泡立てるのは空気を含むことで香りが立ち、口当たりも良くなるからです。紅茶も同じであえて茶葉が踊るように(ジャンピングと言います)お湯を注ぎます。

  • 喫茶の習慣が、日本で浸透始をはじめるのが12世紀。仏教を通した宗王朝との交流から抹茶の喫茶方がもたらされ、次第に禅宗寺院や武家、公家と言った上流階級で広まって行った。15世紀末室町幕府が斜陽を迎えると、町衆が急速に力をつけ、上流社会の嗜みであった茶を楽しみ、極めるようになる。その中で、禅に親しんだ村田珠光や下京茶の湯者と呼ばれた人々が日常の暮らしの中から自らの心と眼にかなうものを見出し、取り合わせる「数奇」の茶、いわゆる「侘茶」が生まれる。この精神が堺の豪商武野紹鷗らにひろがり、
    紹鷗から千利休へと受け継がれ、千利休により「茶道」として確立していく。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。