海外「アメリカでこんな踏切見たことない!」日本にある奇妙な踏切に外国人も興味津々(海外の反応)

山口県の宇部線宇部新川駅から南に2kmほど行った所にある、宇部興産専用道路の踏切を撮影した動画が話題になっていました。

動画を見た海外の視聴者からも「最も奇妙な踏切」「アメリカでこんな踏切見たことない!」など多くの声が寄せられています。

おすすめ記事

海外の反応

名無しさん@海外の反応
これは私が今まで見た中で最も奇妙な交差点だ。

名無しさん@海外の反応
宇部線宇部品川駅の南2kmにある宇部興産唯一の道路の踏切です。この道は日本最長の私道であり、この道を走るトラックも公道では通行できない規格外の大きさです。

名無しさん@海外の反応
教えて頂きありがとうございます。こういう踏切を作った理由を知りたかったのですが、私は英語しか話せないので、タイトルや説明からは理解することが出来ませんでした。

名無しさん@海外の反応
すごい!これは非常にユニークだね。アメリカでこんな踏切見たことない!踏切を鉄道ではなく道路交通に使うなんて!貨物列車は日本で何をしているの? XD

名無しさん@海外の反応
この道路は宇部興産の私道です。このサイズのトラックは日本の道路では運転できません。



名無しさん@海外の反応
オーマイガー!こういう動画もっとありますか?

名無しさん@海外の反応
本当に素晴らしい動画ですね。日本でダブルトレーラーのトラックが許可されていることを知りませんでした。あなたはトラックの運転手なの? 私はカリフォルニアに住んでいて、商用運転免許を持っています。そのため、ダブル、トリプル、ロードトレインを運転できます。また、日本でアメリカブランドのケンワーストラックが走行しているのをこの動画で初めて見ました。宇部産業はこの道路を走行することを許可されている唯一の会社なのでしょうか?セメントを運んでいるの?

名無しさん@海外の反応
どうして信号じゃなくて、踏切なの?

名無しさん@海外の反応
これらのトラックは何を輸送しているの?

名無しさん@海外の反応
踏切ですが、トラックです。

名無しさん@海外の反応
オーストラリア製のケンワースT609

名無しさん@海外の反応
実際には、オーストラリア製のケンワースT604、T608、T609と一部の北アメリカ製のケンワースT800Wだね。



名無しさん@海外の反応
これは中国も使うべきだと思う。

名無しさん@海外の反応
最も奇妙な踏切

名無しさん@海外の反応
Great video ! 👍🏼

名無しさん@海外の反応
汽車ぽっぽ

名無しさん@海外の反応
トラックロード交差点!

28 件のコメント

  • 外国人は日本の文化や社会をよく奇妙だと言うが
    お前らが森羅万象、物事の基準じゃねえぞ

  • 興産道路は「釣りバカ日誌」の撮影に使われたし、だいぶ前には広島アジア大会自転車競技会場で使われたんだってさ

  • 私企業が公道に信号機は設置できないけど、私鉄のように遮断器は設置できるからだろうね。
    よく見ると私道側には信号機がある。

  • これなら線路を引いて もっと長い貨車を ディーゼル機関車で引かせた方が効率的にはいいんじゃないの。何でわざわざ道路にしたんだろ。 そっちの方がもっと不思議。小さい簡便鉄道でも良かったんじゃないか。 セメント取り出す山までの勾配がきつすぎて 曲線も曲がれないからトラックにしたんだろうか。

    • もともとは、JR貨物の貨車でセメント材料を運んでいたんだけど、あるとき、JR貨物から値上げ要求が来たのでJR貨物と縁を切って、自前で運ぶようになったんだよ。その時、貨車ではなくトレーラーを採用したんだね。

    • 昔は鉄道貨物でやってたんだけど、
      需要の変化に対応出来ないので最終的にトラック輸送になったんだ

    • この程度のトラックで足りていると言う事は、そこまでの運送量は無いのだと思う
      ただ高架にして完全無人の車両を運行とか、密かに検討しているかも知れない
      やはり一番高いのは、人件費だから

  • 興産道路と一般道が交差する地点は、一般道扱いなのだろう
    だから一時的に封鎖して道路占用で規格外車両を通すと言う法解釈なのだと思う
    工事現場で道路占用して、大きな建機を移動させるイメージ

  • こういう記事で何の専門知識もなく専門家でもないのに
    突然上から目線で○○しないのは何でやもっと効率いいのに
    とか言い出してしまうのはどんな層なんやろか
    プロネット民ってやつなのか

  • ワイも昔、バイトを終えてバイクで走っていると、下向きのライトで前方に大型車両の後部が目に入ってきた。後ろについた後、前に出ようとしたが左の走行車線にまで車両のボディが続いており何か山の様なものの後ろにいることに気づいた。後ずさりしてみると露天掘りの鉱山などで使う20~30トンのダンプカーだった。夜間でなければ走行できないので前後警護されながらの移動だったようだ。実際に見れば本当にでかい。

  • もっと突っ込むとここ走ってる車ってほぼ下請け運送屋数社の所有車で直接宇部興産は車両管理まではしてないんじゃなかったっけ?街中走ってるコンビニのトラックが殆ど専用仕事させるために看板背負わさせてるだけの下請け運送会社の車ってのと一緒で

  • タイヤは付いているけどナンバーが無いから軌道扱いなんじゃね。
    昔は専用軌道があったのかもね。

  • いきなり鉄道にしちゃうと初期投資が大きい。小さな他興産では鉄道を使っている所もある。
    人件費より設備道路の維持費修繕費が高い。
    ここの周辺は宇部のお陰で何もかも成り立ってる感じ。
    びっくりするほどの一般車両が通れるバイパスもある。
    ここまでの規模は有り得ない。企業のおかげでこれ以上栄えている所はあるのだろうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。