海外「これは素晴らしい!」1960年の天皇誕生日の一般参賀を撮影した動画に反響(海外の反応)

1960年に行われた天皇誕生日の一般参賀の様子を紹介する動画が話題になっていました。

平成も残すところあとわずか、令和の世に向けて時代は移り変わろうとしています。1960年の天皇誕生日の一般参賀でも、昭和天皇のお姿を一目見ようと皇居に詰めかける人の姿が見られます。

現在は長和殿が使用されていますが、当時のお出ましは野外だったのですね。今では考えられないお出ましに歴史の流れを感じます。

当時の若き昭和天皇と今上天皇のお姿に、公開からしばらく経った今でも、海外から「これはすばらしい!」「ずいぶんと変わったね」などの声が寄せられています。


おすすめ記事

海外の反応

投稿主
4月29日、裕仁(昭和)天皇の誕生日を祝って、東京にある皇居にて一般参賀が行われた。裕仁天皇とお出ましになっているのは、香淳皇后、皇太子明仁親王(今上天皇)、皇太子妃美智子様だ。

名無しさん@海外の反応
これはすばらしい!東京にはもう25年間住んでいて、天皇誕生日には、長和殿での一般参賀にもう何度も行ったよ。ずいぶん変わったね!皇居の歴史の推移を見るにはもってこいだ。投稿ありがとう。

名無しさん@海外の反応
万歳。

名無しさん@海外の反応
オバマは最悪。ブッシュとプーチンは最高だ。

名無しさん@海外の反応
何だって?

8 件のコメント

  • 急ごしらえのヤグラみたいな、あんな狭い場所から手を振ってたんだね
    防犯上、今じゃありえない
    しかし、昔の人々の方がお正月とか参観日とかの行事では、キチンとした格好していたなぁ

  • ここ数年、陛下の誕生日の一般参賀には行ってきたが今年は無い。でも来年の誕生日の一般参賀には行くつもりでいる。

  • 当時はまだ新宮殿が再建されてなかったんだよな
    それで特設のお立ち台からという事になってた
    まだまだ貧しい時代だったんだね・・・

  • もはや戦後ではないや岩戸景気と呼ばれた時代だけどこの映像からはまだまだ貧し買ったんだなと思わせるな

  • 服装はハレとケがはっきり明快だったからねえ
    ふだんはどうでもいざという時、冠婚葬祭の衣装だけはどうにか調えてたし、嫁入り道具でもあったし。そりゃまそれぞれ事情で整えられない家庭もあろうけど、衣食足りて、次は礼節だったもの。
    飛行機とか新幹線に乗るって時もおめかししたし、サザエさんちだってデパートに行く時はおしゃれして行くよねえ。

  • まぁ、昭和もオリンピック前までは東京でも学校でさえ木造校舎だったりしてたから今の東京からしたら到底想像つかない街並みだったんだぜw
    多くの塀も木板のそれだったり、アパートの壁なんて茶色の板塀が多かったし、何故かこの頃までは日本人の感性自体が地味だったのか、電車でさえ茶色だったわw
    今でこそ宝石箱の様な夜景になってる東京だが、たぶんあの頃は今の北朝鮮くらいだったんじゃないかな、昭和39年のオリンピック前まではな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。