日本の断崖絶壁の廃道・廃線をドローンで空撮した映像が海外でも話題に(海外の反応)

静岡県の静岡市駿河区石部から焼津市浜当目にかけて続く海岸『大崩海岸』

大崩海岸にある東海道本線の廃トンネルの『旧石部隧道』。海岸沿いに残されたトンネル坑口は、波の浸食により徐々に崩れています。
また、断崖絶壁の海岸に張り付くように通っている『県道416号静岡焼津線』では、土砂崩れや崩落などの災害が多く、道路の付け替えにより残された廃道が見られます。

そんな大崩海岸にある廃線や廃道をドローンで空撮した映像が話題になっていました。

動画を見た海外の視聴者からも「自然の勝利の見事な展示」「台湾の東海岸みたい」など多くの声が寄せられています。


おすすめ記事

海外の反応

名無しさん@海外の反応
美しく撮影されているし、BGMも素敵で適切だね。ありがとう。

名無しさん@海外の反応
ナイス!

名無しさん@海外の反応
素晴らしい動画。あなたの動画はどれも非常に興味深いです。私は日本語を話せないので、完全に理解出来るわけではありません。道路がまだ通っていた時、橋はありましたか? 嵐の時にその道を通っていた人たちの感覚を想像することはできない。動画ありがとう。

投稿主
この区間に橋はありませんでした。現在、海岸侵食により擁壁や古い道路が完全になくなっています。また、この海岸は岩が多いですが、以前は砂浜で、今よりも穏やかな海岸でした。ただ、ダムなどの治水施設が近隣の河川で作られて、河川からの土砂流入は減少し、波による土砂堆積と侵食のバランスが崩れ、現在は岩石ばかりの海岸になってしまいました。ご視聴ありがとうございました。

 ↑名無しさん@海外の反応
 親切な回答ありがとうございます。



名無しさん@海外の反応
このトンネルと元の鉄道ルートをオンラインで調べてみたところ、トンネルの反対側の端を見つけることが出来ませんでした。内部の1つのトンネルがほんの少しブロックされていることを示しています。鉄道はルートを再編成する時に、崩れた海岸線から離すために部分的にトンネルを再調整し、反対側の端を使用したまま、古いトンネルを密閉したのでしょうか?このような鉄道の「幽霊」はとても面白いと思います。

名無しさん@海外の反応
動画ありがとう!私たち日本人以外の視聴者のために英語の字幕を追加してください。

投稿主
ご視聴ありがとうございます。英語字幕を追加しました。

名無しさん@海外の反応
素晴らしい動画

名無しさん@海外の反応
自然の勝利の見事な展示。

名無しさん@海外の反応
何があろうとも、常に自然が勝つ:(

名無しさん@海外の反応
素晴らしい、ドローンの映像は驚くほど安定していてクリア、あなたの動画が大好きです。英語の字幕もありがとう、本当に感謝しています。ありがとうございました。

名無しさん@海外の反応
7:06 クレバーネーム!

名無しさん@海外の反応
台湾の東海岸みたいだな。

名無しさん@海外の反応
動画ありがとう。私はこの沿岸の別のセクションの動画も見ましたが、とても興味があります。地滑りはいつ頃起こりましたか?日本に行きたいです。日本の建築と歴史はとてもユニークです。私は魅力的な文化と多くの小さな島々を見るため日本を訪問したいです。このセクションの道路の崩壊の時間と地滑りが起こった日付に関する情報、誰か教えていただけると嬉しいです。

投稿主
最初のセクションは1971年7月5日、次のセクションは1989年頃で、最後のセクションは2013年10月15日に崩壊し始めました。この動画に英語の字幕を付けたので、詳しくはチェックしてみてください。

 ↑名無しさん@海外の反応
 回答ありがとう!この動画本当に楽しませてもらったよ!



名無しさん@海外の反応
めちゃくちゃ面白い!

名無しさん@海外の反応
このビデオは本当に素晴らしい!

名無しさん@海外の反応
英語の字幕ありがとう👍

名無しさん@海外の反応
すごい!

名無しさん@海外の反応
美しい!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。